大型犬

ゴールデン・レトリバーは優しい!かわいい性格や大きさ・飼い方・病気などまとめ

  1. HOME >
  2. 犬の種類 >
  3. 大型犬 >

ゴールデン・レトリバーは優しい!かわいい性格や大きさ・飼い方・病気などまとめ

ちょっとでも暑いと、愛犬のウェルシュ・コーギーのカイくんとパピヨンのサクラさんはダレています・・・。

でも、暑さで大変だったのは先代犬のゴールデン・レトリバーのジョンくんだったな~と思うKATE(@kaisakura33)です。

涎がダラダラで、金色に輝くダブルコートの毛に覆われていて愛くるしい優しい性格で、ウチの誇りだったゴールデン・レトリバーのジョンくん。

ゴールデン・レトリバーはムクムクで愛嬌ある優しいかわいい顔だけど、性格はいいの?悪いの?

ゴールデン・レトリバーは、犬を飼うのが初めての人でも飼いやすい犬種といわれています。

ジョンくんは、きっと虹の橋のむこうで元気に走り回っていると思います。

ということで、今日は「ゴールデン・レトリバーは優しい!かわいい性格や大きさ・飼い方・病気などまとめ」です。

スポンサーリンク

ゴールデン・レトリバーってどんな犬?大きさは?

ゴールデン・レトリバーってどんな犬?大きさは?

友達のところのゴールデンのGivenちゃん♪

大きい身体とふさふさした金色の毛と垂れ耳で、とってもかわいい、愛らしい顔のゴールデン・レトリバーのジョンくん♪

ゴールデン・レトリバーは、19世紀にスコットランドで交配されて産まれたのが起源になります。

カイくん
ジョン!?誰だワン!?知らないぞ!
ジョンくん
ふぉふぉふぉ!ワシはオマエ達の先輩犬じゃあ!
サクラさん
きゃぁ!大きい!ワタシ達の何倍もあるわぁ!
あぁ!ジョンく~ん♪久しぶりね!!会いたかったわぁ♪
KATE(ケイト)

ゴールデン・レトリバーは元々、水鳥猟の時の撃ち落とした獲物をご主人様の元に持って帰ってくる事をしていた犬種なので、飼い主さんに忠実であり素早く行動するワンちゃんです。

AmazonのCMでも話題になった優しいゴールデン・レトリバーの大きさや毛色などを説明します。

 

ゴールデン・レトリバーの大きさと体重

ゴールデン・レトリバーの大きさは

ゴールデン・レトリバーの大きさ・体重

  • オス:体高58~61cm、体重29~34Kg
  • メス:体高54~57cm、体重24~29Kg

ゴールデン・レトリバーWikipedia

犬を初めて飼う方は、一般的にゴールデン・レトリバーのメスの方が小さいので飼いやすいです。

ウチのゴールデン・レトリバーのジョンくんは、Max測定できた時が52Kgだったからとっても大きな子?肥満ちゃんでした!

運動も大好きで、その巨体で飛びついてきたり走り回ったりする偶然からウチにきてペットロスから救ってくれたゴールデン・レトリバーのジョンくん。

仔犬の頃から成犬で落ち着くまでは、家の壁に穴を開けた事や窓ガラスが閉まっているのに気づかずに突っ込んでガラスを割った事は片手では収まりきらず・・・。

ジョンくんはウチの「破壊王」の名を欲しいままにしました・・・。

 

ゴールデン・レトリバーの毛色は個体差がある

ゴールデン・レトリバーは「黄金色に輝く毛色のイメージ」ですが、ワンちゃんによってちょっとづつ毛色が違います。

ポイント

ゴールデン・レトリバーの毛はダブルコートで覆われていて、水鳥猟のときの名残りで撥水性がいい毛に覆われています。

ウチがゴールデン・レトリバーのジョンくんを飼っていたときに、ご近所さんも次々とゴールデンちゃんを飼いだしました。

ウチの前の家のゴールデンちゃんの女の子は、ジョンくんとちょっと違って毛色が赤金色でした。

個体差によって、クリーム色や赤金色など色がちょっとづつ違うのがまたかわいいですね。

ペットロスの悲しみの連鎖から救ってくれたジョンくんがきた経緯も参考にしてください。

犬が立て続けに死んだ悲しみから立ち直った出来事とは?
犬が立て続けに死んだペットロスの悲しみから立ち直った方法とは?

愛犬のコーギーのカイくんとパピヨンのサクラさんの先輩犬のゴールデン・レトリバーのジョンくん♪ ゴールデン・レトリバーのジ ...

続きを見る

 

ゴールデン・レトリバーの性格や特徴、飼い方は?

ゴールデン・レトリバーの性格や特徴、飼い方は?

温厚なジョンくん・・・ってすごい恰好でよく寝ていました!あれ?よく考えたらサクラさんも同じ格好だわ♪

その巨体からは似合わないほど、黄金色に輝く毛をフサフサさせながら走り回ることが好きなゴールデン・レトリバー。

ラブラドール・レトリバーと同じ優しい温厚で社交的な性格でいて、盲導犬や介助犬、警察犬として活躍している犬種です。

サクラさん
先輩!ワタシよく同じ格好をして寝ています!
ジョンくん
ふぉふぉふぉ♪ワシの好きな寝相じゃ♪
サクラとジョンくんは寝相までソックリよね!

ウチのゴールデン・レトリバーのジョンくんも優しい性格で、サクラさんと同じひっくり返って寝ていることが多かったです・・・。

そんな愛くるしいゴールデン・レトリバーの性格や特徴、飼い方を説明します。

 

ゴールデン・レトリバーの性格は飼い主さんに忠実で賢い

ゴールデン・レトリバーの性格は、飼い主さんに忠実で賢いというのが一番です!

コーギーの性格

  • 飼い主さんにとっても忠実で、よく理解して飼い主さんに気に入られようとする
  • 穏やかで優しい、社交的で他の人や動物とも仲良くする
  • 忍耐強くて、周囲にも気を配る、とっても賢い子
  • 家族と一緒にいることを喜んで、一人でいるのはキライ!

ゴールデン・レトリバーは、本当に優しい子です。

ゴールデン・レトリバーのジョンくんも、人や他の犬に対して優しく、お散歩中は愛想を振りまいていて可愛がられていました。

ただし、ゴールデン・レトリバーは温厚な性格なので、室内犬で飼育していても番犬にはむかないです・・・。

 

ゴールデン・レトリバーは飼い主とともに働くことが喜びのかわいい子

ゴールデン・レトリバーは「飼い主さんと一緒に、そして飼い主さんが喜ぶ顔だ大好き!」って思っている、とっても忠実な頭のいい子です。

ポイント

ウチの歴代の犬の中でも、No1で芸をしたかわいい子がゴールデン・レトリバーのジョン君。

その大きな図体でとても優しくて温厚なゴールデン・レトリバーは、飼い主さんが喜ぶ顔が見たくて色々教えたことは忠実にこなします。

ゴールデン・レトリバーのジョンくんの毎朝の日課は新聞をくわえて持ってくることで、毎日誰かが新聞を取りに玄関に行くと一緒についてきて

ジョンくん
ホレ!ワシが新聞を持っていくぞ!くれくれ!

と渡すと、ちゃんと新聞を口にくわえて持って行ってくれます♪

そのあとのフランスパンとの引き換えのご褒美の為でもあったかもしれませんが、ゴールデン・レトリバーは本当にお利巧さんで賢いです。

飼い主さんや家族と一緒にいることが大好きなゴールデン・レトリバーは、反面一人でいるのがキライです!

つまり、いつも「ねね!遊んで!」とちょっかいを出してくるのがゴールデン・レトリバーの特徴です。

私が新聞を読んでいると、よく新聞の上に乗っかってくるとってもかわいい子だったジョンくん。

大きな見た目で図太い性格と思いきや、とっても寂しがり屋でおおらかなかわいい子ですよ♪

 

ゴールデン・レトリバーの飼い方はよく運動をしましょう

大型犬ですっごい元気で運動大好きっ子のゴールデン・レトリバーは、ふっさふさの黄金色の毛を靡かせて垂れ耳が後ろに行く姿で走り回るのがとってもかわいいです。

注意ポイント

それゆえに、ゴールデン・レトリバーの飼い主さんはあの大きな巨体と一緒に運動をしないといけません!

運動量もすごいですが、運動不足は肥満犬になって生活習慣病を引き起こすため、飼い主さんは一緒に運動してあげてくださいね♪

ゴールデン・レトリバーは、仔犬の頃は歯の抜け代わりで犬のおもちゃ以外に色々な物を噛み、ジョンくんも仔犬の頃は家の壁の隅や扉・ソファ・ベッドなど、ありとあらゆるものをボロボロにしました。

大人になってからは落ち着きますが、家具などを守りたい場合は噛んでいいおもちゃなどを与えるようにしましょう。

大型犬ゆえにお散歩も一大運動になるので、しっかりと引っ張り癖がつかないように注意しましょう。

ゴールデン・レトリバーは仔犬の頃はまだいいですが、大人になったら30Kg以上の巨体になります。

ウチのジョンくんは温和な子だったので引っ張り癖はなかったけど、ハスキー犬に一度ケンカを仕掛けられて以来ハスキーをみるとケンカを売るようになって大変でした・・・。

犬のロープのおもちゃは危険性もあるので参考にしてください。

犬がロープのおもちゃを食べる!こんなのはNG!?実際に危ない状態になったので紹介します
犬がロープのおもちゃを食べた!こんなのはNG!?実際に危ない状態になった出来事とは?

ウチのパピヨンのサクラさんは、おてんば娘の暴れん坊なんです。 でも、そんなおてんば娘の愛犬をかわいがってしまうKATE( ...

続きを見る

 

注意!ゴールデン・レトリバーの寿命や気をつけたい病気

ゴールデン・レトリバーの寿命や気をつけたい病気

ゴールデン・レトリバーの病気やケガに気をつけてね♪

ゴールデン・レトリバーは大型犬になるので、肥満体型になりやすいです。

肥満になると、色々な病気やケガがあります。

ジョンくん
ワシも10歳までの犬生だったのぉ~
あの時の事は一生忘れないけど、最後にジョンくんに会えたのが奇跡だったわ
KATE(ケイト)

ウチのジョンくんも、股関節が生まれつき変形ぎみといわれていました。

ゴールデン・レトリバーの寿命は、10~12年といわれています。

ゴールデン・レトリバーの気をつけたい病気を紹介します。

 

人気犬種の乱繁殖の定めでもある先天的な遺伝性疾患で股関節形成不全

人気犬種の乱繁殖で、先天的な遺伝性疾患の股関節形成不全はゴールデン・レトリバーの子にも多い病気です。

注意ポイント

股関節形成不全は、フローリングなどの滑りやすい床にも気を付けてください!肥満の子は膝や股関節に痛みを生じます!

ウチのジョンくんも股関節形成不全気味と診断されて、動物病院の先生に気をつけてくださいといわれていました。

老犬になったジョンくんは、よく動物病院で痛み止めの注射やお薬を処方してもらっていました。

 

垂れ耳なので耳の病気にもかかりやすい

垂れ耳であるが故の宿命で、耳の中が湿っていたり、病気にかかりやすくなります!

耳掃除をちゃんとしてあげないと、細菌が繁殖したり外耳炎などの耳の病気になってしまいます。

ウチのジョンくんも、定期的にウェットティッシュなどで耳掃除をしてあげていました。

 

まとめ ゴールデン・レトリバーは優しい、かわいいので一度飼うともう虜になります

かわいすぎ♪
まとめ 温和で忠実で社交的なゴールデン・レトリバーは一度飼うともう虜になります!

ゴールデン・レトリバーのジョンくんはよくソファにアゴを乗せてたわね♪

ゴールデン・レトリバーは優しくて社交的で運動が大好きだけど、飼い主さんが喜ぶ顔をみるのがとっても大好きなワンちゃんです。

よく「一度ゴールデン・レトリバーを飼育すると、もうゴールデン・レトリバーしか考えられない!」といわれる理由がわかりました。

「ゴールデン・レトリバー」は、こんな飼い主さんにはおすすめです。

こんな方におすすめ

  • 温和で優しく、社交的な犬を飼育したい飼い主さん
  • 大きな犬を飼って、広い庭で一緒に遊びたい飼い主さん
  • 他にも動物を飼育している、お子様がいる家庭の飼い主さん

たまにペットショップに友達と行ったりしても、どうしてもゴールデン・レトリバーの仔犬がかわいくてずっとその前に居てしまいます・・・。

ジョンくん
ワシはいつでも虹の橋の向こう側でおまえたちを見守っているから、安心しろワン!
カイくん
先輩!偉大でしたワン!
サクラさん
ワタシたちがちゃんとご飯とオヤツがもらえるように見守っていてください!
ジョンくんの事はいつまでも忘れていないよ♪家族にカイくん、サクラさんが病気やケガをしないように見守っていてね!

ゴールデン・レトリバーは運動量が豊富なので老後の飼育は大変です。

しかし、愛情を降り注いだ分、体で精一杯表現してくれて優しい家族の一員になってくれるとっても忠実で優しいワンちゃんです♪

ジョンくんの最期の時に会えた偶然の奇跡は、今でも忘れられません。

いつまでも私たちはジョンくんの事は覚えているから、ジョン君は天国で私たちを見守っていてね♪

ゴールデン・レトリバーのジョンくんとの最期の時は犬と私の10の約束と同じ世界だったので参考にしてください。

犬の十戒を守れた?虹の橋に行ったジョンくんの最期は犬と私の10の約束と同じ世界でした
犬の十戒を守れた?虹の橋に行ったジョンくんの最期は犬と私の10の約束と同じ世界でした

犬の十戒(犬と私の10の約束)をこれからも守り続けるからね! マリ、チャコ、クッキー、エリー、ムック、そしてジョンくんあ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-大型犬
-

Copyright© じょんかいさくら , 2019 All Rights Reserved.