広告 おやつ 食べ物について

犬が食べていいものや食べてはいけないものは?獣医さんに聞いた食べ物を徹底解説

2016-06-21

ふと、横を見ると、愛犬コーギーのカイくんとパピヨンのサクラさんが、父が食べているおやつをねだっています。

いつもの見慣れた光景だけど・・・・。

父が食べているのはマカダミアナッツで、愛犬のカイくんに与えようとしている!?

犬が食べていいものは何?

逆に、犬が絶対に食べてはいけないものは何?

ダメぇ!マカダミアナッツは、犬には中毒なはず!?

犬を初めて飼う人だけではなく、犬を飼っている人でも、犬が食べていいものや食べてはいけないものについて意外と知らないことが多くて、疑問に思いますね!

結論として、犬が食べてはいけないものはネギ科の野菜・ぶどうなどのフルーツ・カカオ系が含まれるお菓子・カフェインを含む飲み物・アルコール飲料・貝類・生の豚肉・魚介類・鳥や鯛の骨・塩分が多く含まれる食材・乳製品・キシリトール類と多くあります!

ということで、今日は「犬が食べていいものや食べてはいけないものは?獣医さんに聞いた食べ物を徹底解説」です。

スポンサーリンク

犬が食べていいもの

犬が食べていいもの
カイくんは食物アレルギー持ちのために、注意が必要です!

「犬が食べていいもの」で一番最初に思いつくのは、「ドッグフード」ですよね。

ドッグフードや犬のおやつに含まれている成分は、基本的には犬が食べていいもので構成されています。

カイくん

ワンワン!肉!肉が食べたいワン!

サクラさん

ワンワン!ワタシも欲しいわよ!ワタシも!

ハイハイ。ちょっと待ってね!うるさい!

KATE(ケイト)

飼い主さんとして、ドッグフードのほかにも大切な愛犬の健康維持の為に、犬が食べていいものを適量与えてあげたいです。

他に犬が食べていいもので、犬の身体や健康にいいものを紹介します。

牛肉・豚肉・鶏肉(火を通して焼いたもの)

肉(牛肉・豚肉・鶏肉)は、火を通したものであれば、犬が食べていいものです。

お肉は、たんぱく質やビタミン、脂肪が豊富で栄養満点です!

ただし、牛肉の過剰摂取は高血圧や動脈硬化などの病気になってしまうので、与えすぎないようにしましょう!

また、生肉の場合は寄生虫がいるので、必ず火を通して与えてあげてください。

犬の健康に!野菜(大根・キャベツ・きゅうり・レタス)

野菜の大根・キャベツ・きゅうり・レタスは、生でも茹でたものでも犬が食べていいものです。

愛犬のカイくんとサクラさんが夕食時におねだりしてくる時は、サラダの中の大根やキャベツ、きゅうり、レタスを適量与えています。

かんたん説明

むしろ、昔庭で育てていた大根をサクラさんが引っこ抜いて、お互いに食べていたくらいです(笑)

キャベツは色々な栄養素があって、キャベツダイエットもあるくらいだけど、食べすぎには注意が必要です!

キャベツには結石になる可能性があるシュウ酸や甲状腺機能低下症になるゴイトロゲンを含んでいるので、大量にあげる事や毎日あげるというような事はしないようにしましょう。

大根やレタス、きゅうりもミネラル、ビタミン、食物繊維が豊富で、犬の健康にいいですよね。

大根の与え方について参考にしてください

豆類(豆腐・納豆)

驚くことに、人間にとって健康的な食材の豆類である豆腐と納豆だけど、犬にも消化吸収がよく、健康的になります。

豆腐と納豆はタンパク質やミネラルが豊富で胃に優しく、消化もいいです。

でも、納豆を食べた口で顔をぺろぺろしにきたら、ちょっと避けてしまいますね・・・。

人間だと納豆と豆腐にネギやしょうがをのせたりするけど、ネギとしょうがは犬が絶対食べてはいけないものです!

そのまま豆腐と納豆だけにしてくださいね。

犬が食べてはいけないもの

犬が食べてはいけないもの
常に人間の食べ物をねだる愛犬たちだけど、カレーは玉ねぎがあるから絶対ダメ!

犬が食べてはいけないもの(与えてはいけない)は、一歩間違えると本当にワンちゃんが生命の危機に陥ってしまうので、注意してください!

意外と人間が口にしているものでも、犬が食べると危険な食べ物はいっぱいあります。

カイにサクラも、マカダミアナッツを食べるか?

父
カイくん

なんだそれ?マカダミアナッツは、おいしそうだワン!

サクラさん

マカダミアナッツを落としたら、すぐに食べてやるんだからね!

ダメ!マカダミアナッツは、犬によくないんだから!

母

よく聞く「犬が食べてはいけないもの」は、チョコレートや昔から「犬にイカを与えると腰を抜かす」と言われていますよね?

他に犬が食べてはいけないものを紹介します。

ネギ科の野菜(ネギ・玉葱・ニラ・ニンニク)

ネギ科の野菜(ネギ・玉葱・ニラ・ニンニク)は、犬が食べてはいけないものの代表格です。

硫化アリルが犬の赤血球を破壊して、貧血や血尿を起こします。

犬はネギ科の野菜(ネギ・玉葱・ニラ・ニンニク)が赤血球を破壊して、貧血や下痢、嘔吐の症状を引き起こし、最悪の場合は死に至ることもあります!

ネギ科の野菜は、本当に注意が必要な食べ物です。

また、サラダやチャーハン、カレーライスなどにごく少量含まれているだけでも症状を起こすことがあるので、注意してください!

危険です!フルーツ(グレープフルーツ・ざくろ・レモン・ぶどう・レーズン)

フルーツ(グレープフルーツ・ざくろ・レモン・ぶどう・レーズン)は、犬が食べてはいけないフルーツです。

皮の部分に中毒症状を引き起こす物質が入っているので、下痢や嘔吐の症状を引き起こします。

少量なら大丈夫だけど、特に注意してほしいのがぶどうとレーズンです!

「ぶどう中毒」という嘔吐や、腎不全を起こす要因になります。

特に、ブドウの皮は危険なので、注意してください!

最悪の場合は、ワンちゃんが死に至ります。

カカオ系が含まれるお菓子(チョコレート・ココア)、マカダミアナッツ

チョコレートなどに代表されるカカオは、犬の中毒性物質です。

テオブロミン中毒で嘔吐や痙攣、血尿、失禁、昏睡などを起こします。

カカオ系は心臓に影響があり、不整脈、心拍増加などを起こし、心不全で死に至ります!

マカダミアナッツも中毒を起こして下痢、嘔吐、発熱するので、与えてはダメです。

カカオ系の食べ物は、大切なワンちゃんを守る為にも、絶対に与えないようにしてください。

カフェインを含む飲み物(コーヒー・紅茶・緑茶など)

カフェインを含む飲み物(コーヒー・紅茶・緑茶など)も、犬が食べてはいけないものになります

カフェインを含む飲み物を飲んだりしてしまうと犬はカフェインを分解することができないので、下痢や嘔吐、多尿、体温調節がうまく機能しなくなってしまいます。

ちょっと机の上にあるコーヒーを舐めたなどは大丈夫だと思うけど、気をつけてください。

少量でも気をつけて!アルコール飲料(ビール・日本酒などアルコール類)

アルコール飲料(ビール・日本酒などアルコール類)も、犬が飲んではいけないものになります。

犬はアルコール類を分解する酵素が少なく、ごく少量でも犬には致死量に達してしまうので、注意してください!

芸能人の大切なワンちゃんが、日本酒を舐めて突然死したとニュースになりましたね・・・。

よくよく考えると、ごくたまにジョンくんにビールを舐めさせていたけど、身体が大きかった為無事でした・・・。

夜の晩酌時などの時でも、犬にはアルコールで急性アルコール中毒になりやすいので、絶対に与えないでくださいね!

貝類(あわび・サザエ・貝柱など)

貝類って聞くと「え?ダメなの?」ってなるけど、貝類(あわび・サザエ・貝柱など)も犬が食べてはいけないものです。

あわびなどが食べている海草が分解されて毒素となり、犬は皮膚病を起こします。

犬だけでなく、ネコも同じです。

ウチの子達も同じで、最近の犬はアレルギー持ちで皮膚病も多いですよね・・・。

皮膚病にならないためにも、あわび、サザエなどは与えないでください。

また、貝柱は消化に悪いので、下痢、嘔吐につながります。

皮膚病の種類について参考にしてください

生の豚肉

肉は火の通ったものはOKだけど、生の豚肉は犬が食べてはいけないものです。

犬にとって伝染病のトキソプラズマという原虫がいる恐れがあるので、加熱が絶対必要です!

生の豚肉は人間でも「お腹を壊す」とよく言うけど、豚肉は伝染病になり、肺炎や肝炎を引き起こすこともあるので注意してください。

魚介類(エビ・タコ・イカ・カニ)

昔の言葉で「犬がイカ、スルメを食べると、腰ぬかすぞ!」というのがありましたね!

魚介類(エビ・タコ・イカ・カニ)も、犬が食べてはいけないものです。

犬はビタミンB1を分解する酵素の働きを持っていて、急激なビタミンB1欠乏症になります。

また、消化不良になり、嘔吐、下痢を引き起こすので、絶対に与えないでください!

ただし、スルメの場合は胃の中で膨れ上がって、吐きだすこともできなくなります。

少量ならOKだけど、大量には与えないでください。

鳥や鯛の骨

昔の犬は、骨をガツガツ食べていていました・・・。

しかし、鳥や鯛の骨は犬が食べてはいけないものになります。

鳥や鯛など縦に裂ける骨は、犬の喉、内臓に刺さる、傷つけることがあります!

愛犬ゴールデンレトリバーのジョンくんはバリバリと骨を食べていたけど、骨もうかつに与えてはいけません。

塩分が多く含まれる食材(梅干・みそ汁・ハムなど)

人間でも、塩分の採りすぎはよくないですよね?

塩分が多く含まれる食材(梅干・みそ汁・ハムなど)も、犬があまり食べてはいけないものになります。

犬は塩分を排出することができないので、塩分が多く含まれる食材が体内に蓄積してしまいます。

人間でも塩分のとりすぎはよくないし、犬にも体によくないですね♪

乳製品(牛乳)

実は、牛乳は犬にとってはあまりよくない飲み物になります。

犬は牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素を持っていないので、下痢になりやすいです。

ワンちゃんには犬用の牛乳があるので、そちらを飲ませるようにしましょう。

キシリトール(ガム)

キシリトールは、犬には大変危険な物質です。

注意ポイント

キシリトールの成分が低血糖を起こさせ、少量でも摂取すると30分以内に嘔吐、歩行困難、内出血、肝不全を発症する危険があります!

「虫歯にさせたくない、歯垢を取りたい」と思っても、絶対にキシリトールは与えないでください!

スポンサーリンク

まとめ 犬が食べてはいけないものをしっかりと覚えて愛犬の健康を守ってあげてください

まとめ 犬が食べてはいけないものをしっかりと覚えて愛犬の健康を守ってあげてください
ワタシにもちょうだい!

犬が食べてはいけないものはここに挙げたもの以外にも、糖分が多いお菓子、ソースなどの調味料が入ったものなど、犬にはあまりよくありません。

昔の犬は残飯などを食べていたので長生きできなかったけど、犬も食生活が変わってきた為、長生きできるようになりました。

「犬が食べてはいけないもの」は、こんな感じです。

犬が食べてはいけないもの

  • ネギ科の野菜(ネギ・玉葱・ニラ・ニンニク)
  • フルーツ(グレープフルーツ・ざくろ・レモン・ぶどう・レーズン)
  • カカオ系が含まれるお菓子(チョコレート・ココア)、マカダミアナッツ
  • カフェインを含む飲み物(コーヒー・紅茶・緑茶など)
  • アルコール飲料(ビール・日本酒などアルコール類)
  • 貝類(あわび・サザエ・貝柱など)
  • 生の豚肉
  • 魚介類(エビ・タコ・イカ・カニ)
  • 鳥や鯛の骨
  • キシリトール(ガム)

塩分が多く含まれる食材(梅干・みそ汁・ハムなど)や乳製品(牛乳)も、控えた方がいいです。

カイくん

健康的に長生きするワン!だから、肉をくれワン♪

サクラさん

ワタシは、何でも食べるわよ!

犬が食べてはいけないものも多いから、気をつけないといけないわね・・・。

KATE(ケイト)

大切なアナタの愛犬を守る為にも、ドッグフードを中心に、犬が食べていいものを与えるようにしましょう。

動物病院の先生

犬が食べてもいいもの、食べてはいけないものがあるので、飼い主さんも気をつけましょうね♪

しかし、チョコレートなどの愛犬の生命の危険に迫る食べ物には、細心の注意をしないといけませんね。

父にしっかりと教えておかなくっちゃ!昔の犬と違うんだから!

あわせて読みたい

犬がマラセチア皮膚炎だった!?手足を舐めたりおしり歩きをする原因や塗り薬・シャンプーなど治療法まとめ

2022/11/20

犬がマラセチア皮膚炎だった!?手足を舐めたりおしり歩きをする原因や塗り薬・シャンプーなど治療法まとめ

愛犬のパピヨンのサクラさんは小さい頃からネコの生まれ変わりかのように、顔を洗ったり、手足をよく舐めていました。 舐めすぎて肉球が赤くなって、痛そうに歩いた事も数えきれず!? 過去に「トゲが刺さっているのか?ケガをしている?」と、動物病院の先生に見てもらったことはあったけど、いずれも問題なしでした。 今回、健康診断のついでに、動物病院の先生に相談してわかったマラセチア皮膚炎。 結果、 マラセチア皮膚炎は皮膚の抵抗力が落ちると発生し、塗り薬や飲み薬、専用シャンプーで治療をしていくけど、一生治療します。 という ...

老犬がご飯を食べない時は要注意!愛犬に試してみた色々な対応や原因まとめ

2023/1/28

老犬がご飯を食べない時は要注意!愛犬に試してみた色々な対応や原因まとめ

いつも食欲旺盛な愛犬が、ご飯のドッグフードを食べたがらないと飼い主さんは心配になっちゃう! 愛犬のパピヨン・サクラさんは10歳でも食欲旺盛で、いつも通りだけど・・・。 老犬で後ろ足に力が入らない、変性性脊髄症(DM)かナックリングでお尻をずって移動している愛犬のコーギー・カイくん。 愛犬のカイくんは15歳で人間の年齢に例えると76歳なので、ご飯のドッグフードを食べないことが増えてきました。 愛犬のカイくんが老犬になって、ドライのドッグフードを食べなくなってきたので、動物病院の先生に相談したり色々と調べてみ ...

-おやつ, 食べ物について